2016年10月04日

羽生選手(フィギュア)の写真を見て思ったこと。

先日オータムクラシックで羽生選手が史上初の4回転ループを跳んだという記事がありました。そのネット記事の写真を見て見ると頭さえなければそこから下は女性だなぁとふと思ってしまいました。
そこで検索してみると身長171センチ53キロ21歳とありました。
つまり女性のような肉体の細さに男性の筋肉の強さをつけたしたような身体なのだなぁと改めて思いました。フィギュアスケートの傾向ですがやはり体の小ささ体重の軽さが有利になるように思えます。
身体が軽ければ練習をいくらしてもやるだけみにつくというところですかね。身体が重いといくらでも練習してもいいということにはならないようです。限界をこえれば骨まで損傷しますから大変です。
というわけで体の大きさによって練習の量やまじで滑る場面を選べなければいけないのではという気がします。
キムヨナ選手などはオリンピックで優勝したあとは完全休養の期間をとり次ぎのオリンピックに備えました。その金選手をオリンピックで破ったのがソトニコワ選手。この人は165センチ体重不明ですが写真を見る限り太めな印象。ですがロシア大会などの重要な大会以外はけっこうミスが目立ち転倒もしょっちゅうでしたがオリンピック本番では素晴らしい集中力で優勝しました。減量もしたんでしょうが本気をだすところを選んだというところでしょうか。
とにかく身体の軽さに恵まれ筋肉をきたえられるだけ鍛えて頂点を極めた羽生選手ですが無論そこまで鍛える精神力も必要です。身体と気力がマッチした天運を持った人なのかなと思いました。

posted by ザッツ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

ユ・ヨンの衝撃:韓国フィギュアスケート選手権

YOUNG YOUが11歳で韓国フィギュアスケート全国大会で優勝。キム・ヨナが12歳で優勝した記録を塗り替えたとのこと。
ユーチューブの動画を見て見ると技はほぼ完成されていてまさにシニアレベル。多少もたもたするところはあっても目に見える失敗はなく183.75で優勝。
まぁ200点前後をカバーできるシニアがいないので優勝してしまいましたがたしかに天才少女です。ただ人の成長度はさまざまですので問題はこのあと。体の成長にどう対処できるかですね。
韓国の場合は人口がやや少ないせいか才能のある選手を競技に集中的に集めることがやや難しいのかキム・ヨナに続く選手がいませんでしたがキム・ヨナに匹敵する才能がある選手がやっとでてきたという感じです。
もっともこのレベルのジュニアはロシアのトップレベルには普通にいるようなのでロシアと互角に戦える選手になれるかどうかはまだこれからですかね。いま無敵状態のメドベデワもちょっと前までは数ある有望選手の一人にすぎませんでした。
ただ現時点でシニアに要求される技術はほぼ獲得しているので200点以上を狙うにはどう加点を増やすかが課題。まだこれといった弱点が見えないだけに将来性がある有望選手です。
参考動画FS→2016 韓国選手権FS
ランキングhttp://skating.mond.jp/files/KN2016/2016KB_LadiesSenior_FS_Result.pdf
posted by ザッツ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

2015世界選手権フィギュア女子:トゥクタミシェワ選手優勝

うーん。今回はオリンピック後だけあって荒れ模様。予想があまりはまりません。
まずはフリー。
1位トゥクタミシェワ選手:3回転からの連続ジャンプでオーバーターンするなどさすがに固くなったのかエラーがありましたが調子自体はよいのかまたは審判に認められたのか良い加点をもらって1位となりました。これがオリンピックシーズンになればもっときつい争いが展開されるかと思いますがとにかく実績をつくれたのはさすが。132.74
2位ゴールド選手:もうこれだけいい演技ができるならSPでもいい演技ができたでしょうにと思いますがSPはひょっとすると時差ボケ状態だったのかと思うぐらいです。FSでは目が覚めたような実が入った演技でした。それでもオリンピックシーズンの緊張感よりはだいぶ醒めた演技かと思います。
ひょっとするとエドモンズ選手の成績があまりよくないので3枠確保にある程度本気をだしたのかもしれません。128.23
3位ワグナー選手:彼女もなぜかFSでお目覚め。しっかりと滑ってきました。うーん。SPでは緊張しすぎたのかしら。経験豊富なワグナー選手が固くなってSPを失敗したというのはちょっと信じられないですが時差ボケ+緊張があったのかもしれません。本来の実力をだして127.20
4位宮原選手:3Aを跳んだ方以外のシニア勢がやはりオリンピック後の世界選手権だけに調子の乱高下が激しい。そのなかで黙々とできる精一杯の演技をしてきた宮原選手は好印象。同じ東洋開催の有利さもあってか好成績をあげました。126.58
5位本郷選手:うーん。滑りはアマチュア感がまだ漂っているのですがそれでもなんとかジャンプをこなすところがいいところか。加点がまだ少ないですが構成点がよくなっているきがします。大型選手の演技はコストナー選手もそうですがよくわからないのですが大型を利して構成点のほうがとりやすいのかもしれません。122.41
6位ラジオノワ選手:SPの前日に38度の熱があったとのこと。ジャンプの構成も乱れ後半は3Loが2Loになるなど彼女にしてはかなりよくありませんでした。まぁ病み上がりでもここまで頑張ったとほめるべきか。究極のところで力が入らなかったようです。今回は参考外。121.96
7位エドモンズ選手:見た目はよかったのですが4つのジャンプに注文が入っていました。加点もそれほどよくなくまだまだ未完成の演技。まぁ今年は基礎の基礎をつくる時期なのでそう無理はしていないのかもしれません。116.12
8位村上選手:あまり調子がよくなさそうでした。一つ一つの演技はできるのですが流れの中でトータルによい演技にするとなると身体が重い感じです。3Sが1Sになったりと調子がいまいちでした。ただ構成点はよくでているようです。114.18
11位李子君選手:前回いい演技をしたと思ったんですがまだまだのようです。転倒したりして体力がまだもたないようです。
13位ポゴリラヤ選手:1週間前まで怪我でジャンプの練習ができなかったとのこと。2つも転倒で絶不調。今回は参考外ですか。
参考ページ→選手一覧&結果
総合
1位トゥクタミシェワ選手210.36
2位宮原選手193.60
3位ラジオノワ選手191.47
4位ゴールド選手188.96
5位ワグナー選手185.01
6位本郷選手184.58
7位村上選手179.66
8位エドモンズ選手177.83
9位李子君選手165.22

世界選手権という大きな大会なのですが究極の仕上げでよい演技をしてきたのは1位と2位と6位の選手ぐらいかと。アメリカ勢はボケが入っていましたしロシアの1位以外の選手も熱があったり足を怪我したりと散々。
期待の若手も期待はずれに終わってしまいました。やはりオリンピックの後の年ですから本気度がいまいちなのかなぁと思ってしまいます。
posted by ザッツ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

2015世界フィギュア選手権女子SP:トクゥタミシェワ選手1位

1位トゥクタミシェワ選手#31(18):77.62普通でだしで3+3を飛ぶときはもっとスピードをだしてすべるのですが最初からすごく慎重な演技。あまりに慎重でしたのでどうなんだろうと思っていたらダブルアクセルでなにやら歓声が・・・。ロシア語の動画でしたのでわけがわかりませんでしたがどうやらTの発音があったのでトリプルアクセルを跳んだらしいと気がつきました。えっ!?あんな簡単に跳べるの?と絶句。
よくみると慎重さの中にも鋭い演技があってここはまさに最高の調子だ、と、うかがいしれました。
最高のコンディションに最高の集中力。脱帽するしかありません。
キム・ヨナの時代も過去のものとなった瞬間でした。まぁ相手がいてこその演技ですから同じようには語れませんがさらにレベルを上げてきたのはすごい。
昔1500メートル水泳で17分台でも好記録だったのにその後どんどんタイムが更新されて16分台からさらに15分台14分台となっていったのが思い出されます。
たとえ一時代を築いたとしても後進の選手がさらにその上をいく姿はすごいですね。
いままで考えもしなかったのですが水泳の記録の向上のようにフィギュアもレベルが上がっていくんでしょうかね。
2位ラディオノワ選手#35(16):69.51姉さん選手が前で素晴らしい得点をだしていたので高得点にもかかわらず多少不満げな様子でした。それだけ自信があるしまだまだ負けず嫌いなんでしょう。トゥク選手のジャンプ力に対しラディ選手は踊りで対抗というところですかね。ラディ選手の太ももはやや細すぎの感じもするので3Aはやや無理か。もっともラディ選手がいるからこそトゥク選手も最高難度の技をだしてくるわけでライバルの切磋琢磨がいい方向ででているようです。
3位宮原選手#33(17):67.02小型選手なのでジャンプエラーがでやすいかと思いますが今回は頑張ってほぼノーミス。周りがなんと言おうとわが道を行くゴーイングマイウェイ度がいいところ。ただ日本人の小型選手特有の有利さがあるのも事実。その利点をいかしてFSもどれぐらい頑張れるか見ものです。
4位村上選手(20):65.48やはり健康優良児なみの体格ですからうまくすべると迫力がありますね。3Fで軽い減点がありますがいままでのボロボロジャンプよりはかなりましになった感じです。ジャンプさえボロがでなければ高得点が期待されるだけにどうなりますか。
5位本郷選手(18):62.17宮原選手147。村上選手162.本郷選手166。日本選手に限って言えば得意の小回りが犠牲になる分大型選手のほうが不利なのかしら?ただ構成点の出方も以前よりけっこうよくなってきているようでまだ伸び盛りなのかもしれません。フリーでどうでますか。
6位李子君選手(18):61.83丸顔なのでそう大きく見えないのですが165もあるんですね。やはり大型系選手は成長が大きいので成長期前のすべりからの変化が激しいようで苦労するようです。ここにいたってようやく病み上がりというかやっと復調してきた感じです。動きも余裕ができてきました。FSもそれなりに頑張れる予感。
7位エドモンズ選手(16):61.71エオモンズ選手は167。外人さんは大きく見えますが167とは。それほど大きくないんですね。演技は素晴らしかったのですがまだ演技が単調なのか構成点がでませんでした。ただSPでほぼノーミスでかっこよく滑れたのがよかった。
8位ゴールド選手(19):60.73彼女はどちらかというとずんぐりしているので大きいとは思えないのですが滑りが重いので見て見ると168.大型でした。まだ足の状態がよくないのかジャンプは2つ失敗。構成点はよいほうかと思います。ただジャンプの失敗はたまたまとは思えないのでフリーも苦戦必死か。
9位ポゴリラヤ選手(16):60.50得点発表のときさかんに鼻をかんでいましたがひょっとして花粉症?やはりロシア最強時代とはいえ上の二人と比べるとまだ力不足か。しかしながら転倒したとはいえ上位クラスのちからはあるのでどこまで挽回できるかですね。
11位ワグナー選手(23):57.81うーん。大事な大会でジャンプが全部減点とは。体調不良なのか練習しすぎて怪我をしたのか昔の古傷がまたでたのかなのでしょうね。あの調子がよかったワグナー選手の面影がなくなってしまいました。3つとも減点で転倒もあるのでまぁ最悪。今年は期するものがあったように思うのですが残念。全米でこときれてしまったようです。  

しかし上位2人がロシアであとの3人が日本。ロシア対日本の争い。アメリカは2強の調子が最悪。エドモンズ選手はまだ未完成。
フリーではジャンプの判定がどうなるかですが厳しくなると日本はやや不利かも。逆転を狙ってくるとすると李子君、エドモンズ、ポゴリラヤあたりか。フリーに強そうなのでどのぐらい挽回できるか期待です。
参考ページ選手一覧&結果

















posted by ザッツ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

世界ジュニアフィギュア選手権女子:メドヴェデワ選手優勝

フリーの結果
1位メドヴェデワ選手:感じとしてはやや重い演技か。ロシアの選手はいろいろ大会があるのでジュニアとはいえここまでくるとさすがに疲れがでても不思議ではないですね。とはいえ演技の重さを慎重な演技に置き換え構成点を稼ぎました。見事な優勝。技術点2位構成点1位
3位サハノヴィッチ選手:こちらもメド選手と同じくやや控えめな演技。サハノヴィッチ選手にしては珍しく守りの演技かなという気がしました。ただそのぶん身体の固さは目立たずミスを最小限に抑えた感じです。樋口選手に技術点で負けたのはやはり意外ですがプログラム的にそうなっているのでしょう。また構成点で勝負していたのかもしれません。技術点はメド選手と同点2位構成点2位。
2位樋口選手:すごいですね。あのスピードで最後まで走り抜けてしまったとは、しかもノーミス。最高の舞台で最高の演技ができたというのは幸せ者ですね。
まぁ演技が多少単純であるような気もしますがそれを上回るスピード感で観客を魅了しました。したがって技術点はトップでしたが構成点は3位。それでも今出来る最高の演技をしたわけですから素晴らしい。
5位ソツコワ選手:ウーン。よくわかりませんがあまり力が入っていないような感じがしました。ソツコワ選手と知らないで見ればよくできた演技ですがソツコワ選手としてみれば物足りない。どこか思い切って練習できなかったわけがあったのかもしれません。技術点が5番目で構成点が7番目ぐらいですか。なんとなく練習不足な感じがします。演技自体はできるので技術点はでるのですが張りがないので表現が足りなかったということなのでしょう。若いので次ぎをめざすというところか。

総合1位メドヴェデワ選手192.97 2位サハノヴィッチ選手186.19 3位樋口選手185.57 4位トゥルシンバエワ選手(カザフスタン)173.44 5位ソツコワ選手169.04

やや調子のピークが過ぎた感があるロシア勢ですがそれでもこれまでの貯金で1位2位を占めました。日本勢では樋口選手のスピード溢れる演技が予想外。ここで最高の演技とは驚きでした。
トゥルシンバエワ選手はまったく知らない選手。オーサコーチですので才能があるんでしょうがまだ少女少女した乙女。同い年でがんがん演技をしているロシア勢に比べるとまだひ弱な感じですが出身がロシア。やっぱりロシアかという感じです(笑)。

参考ページ→選手一覧&結果

posted by ザッツ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

世界ジュニアフィギュア選手権SP:メドヴェデワ選手1位

1位メドヴェデワ選手(15):うーん。すごいですね。世界選手権の大舞台ですのでやや緊張がありましたが演じきりました。ルッツでややつまずきましたがミスはそれだけ。演技の中にジャンプを溶かし込んでまさに演舞状態。安藤選手も上手でしたがもっと年齢が上がってからの完成。15歳でここまでできるとは驚きです。いいかえると今ロシア女子に要求されている技術水準がとても高いのですがそれをこなしてしまう精密機械のような細やかさがロシアンフィギュアの完成形か。68.48の高得点。
2位サハノヴィッチ選手(14):演技後やってしまったというような残念顔。最初の3+3が危うく転倒しそうなところまでいってしまったのが惜しかった。しかしながらビールマンをいままでで一番真面目に上手にやったのが印象的(笑)。必死さが伝わってきました。バタフライもメドヴェデワ選手が1段だったのに対し3段と頑張りました。年齢がメド選手と1年ちがいますのでこの若さでの1年のちがいは技の完成度にかなり影響する感じがします。とはいえ小気味よいスケーティングはさらに磨きがかかって素晴らしい。精密なロシア系の演技とやや趣がちがう力の演技。フリーではどうなりますか楽しみです。63.09
3位樋口選手(14):まだあまりよく知らない選手ですがすごいですね。ジュニアでここまでスピーディに演技ができる人はさすがに数少ないのでは。ただまだ未完成感がただよっている感じを受けるので演技にどう味をつけるかというところか。61.27
4位坂本選手(14):最初の3F+3Tがハッとするほど素晴らしかったのですがルッツ単独がロングエッジでした。
実物と動画ではちがうのかもしれませんがそれでもロシア勢のスケーティングに比べるとまだまだの感がいなめません。もうちょいぎりぎりのところのスケーティングがほしいところか。58.72
10位ソツコワ選手(14):3+3で転倒。ちょっと調子落ちですかね。集中力があまりなくかえって焦燥感のある演技。調子が落ちているときはどうしようもないわけですが演技がやや雑になってしまったのは残念。ロシア2強と張り合いすぎたのかしら?53.95
参考ページ→選手一覧&結果

posted by ザッツ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

2015四大陸フィギュアスケート選手権:エドモンズ選手優勝

1位エドモンズ選手:最初の方のジャンプに滅茶集中。失敗をしないようにじっくりみて跳んでいました。おそらくミスをしなければ台乗りというモチベーションが本気にさせたのかもしれません。ただ点数の発表でややがっかり感がただよっていましたので優勝できないと思ったのかもしれませんね。
演技自体はとても慎重でした。まだスピード感がでていないのが課題か。演技自体は素晴らしいですがロシア勢に追いつくにはまだ大変だなぁという印象です。FS1位。
2位宮原選手:ちょっと固くなっていたようです。ちょうどエドモンズ選手の直後でしたのでプレッシャーをうけたのかもしれません。全日本選手権のときのほうがゆったりと上手にすべっていましたが身体があまりほぐれていないような感じで演技をしてしまったという印象。転倒で万事休す。ただノーミスなら優勝もあったのですが惜しかったですね。FS2位。
3位本郷選手:回転不足を2つとられています。フリーではさすがに選手もジャンプが多いせいか回転不足をとられないように跳ぶのが難しくなるのかもしれません。
ただ失敗はありましたがここは事実上アメリカと日本の4人の争い。体調が悪いゴールド選手がこけたのでメダルに届きました。
ただまだ演技をこなすのが精一杯で優雅に舞うところまではいっていないという印象。安藤選手などは優雅に変身しましたので将来に期待です。FS3位。
4位ゴールド選手:ちょっと痛々しかったですね。実をいうとゴールド選手が4大陸に出場していたのでちょっと驚きました。全米の様子からみて身体に余裕がないのにマイナーな4大陸にでるとは思わなかったからです。世界選手権にでないのかとも思いましたがどうもでるようです。となればここは調整試合にするしかない。ショートはそれほどひどくはなかったですがフリーではさすがにごまかせなかったようです。世界選手権はまだ先なので回復に期待です。FS5位。
5位李子君:けっこうよかったですがホイライラという中国語が聞こえたので多分戻ってきたという意味なのかもしれません(笑)。まぁ李子君に期待されているレベルはまだ上だと思うのでどこまで復調するかですね。完全に回復したらどう変身するか期待です。FS4位。
参考ページ→選手一覧&結果

1.エドモンズ選手 184.02
2.宮原選手    181.59
3.本郷選手    177.44
4.ゴールド選手  176.58
5.李子君選手   175.92

改めてロシア勢のレベルの高さを再認識しましたが1ヵ月後の世界大会ではアメリカ勢とロシア勢の対決になりそうかと思います。アメリカ勢は全米が頂点のようですのでどこまで調子を維持もしくは回復できますか。果たしてメダルまで届くかどうかが注目点。またトゥクタミシェワ選手は出場過多のような気もしますので調子をくずさなければいいのですが。またポゴリラヤ選手が出場してくるかどうかわかりませんがでてくるとするとやや固くなるタイプなだけに不安定要素もありかと。
大方の予想では1位2位はロシアの指定席で3位にアメリカが入るかどうかというところですかね。

posted by ザッツ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

四大陸選手権2015ショート:宮原選手1位

1位宮原選手   64.84 35.81 29.03 (TSS=TES+PCS)
2位ゴールド選手 62.67 32.53 30.14
3位本郷選手   61.28 33.31 27.97
4位エドモンズ選手61.03 33.26 27.77
5位李子君選手  60.28 31.80 28.48

○3Lz+3Tは宮原選手(10.50)、ゴールド選手(9.40)、エドモンズ選手(10.70)
○3T+3Tが本郷選手(9.20)
○3F+2Tが李子君選手(6.90)

ゴールド選手以外減点はないので回転不足にはそう厳しくない大会のようです。考えたらアジアとアメリカ、中国、オーストラリアの審判でしょうからロシア勢のいるヨーロッパの審判ならともかくこちらの大会で回転不足を厳しくとってもあまり意味がないというか面白くないのかもしれません。
ただ演技構成点のほうはやや辛目かも。
上位の選手では全米で精魂使い果たしたであろうゴールド選手が2位ながらも壁に手をついて衝突を避けたりアクセルが抜けて0点になったりとよくぞ2位に残ったものだと思える内容。やはり体調がよくなさそうです。
1位と3位がジャパン。小回りの効く日本選手特有の演技でよくいえばスムーズな演技。辛く言えば海外での大会のせいかもしれませんがもうちょっと物語が演技にほしかった。まぁロシアの演技ばかり見ているとそんな気分になります(笑)。フィギュアは体操競技とは違うと思うので。
その点エドモンズ選手の演技はテクニカルだけでなくストーリー性を感じさせる演技。まだ基礎的な演技でスピード感が不足している感じですがこれからの変身に期待です。
李子君はかなり復調。まだ頑張っているところをみせました。

参考ページ→選手一覧&結果

posted by ザッツ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

全米選手権ワグナー選手優勝

1位ワグナー選手  SP1 72.04 FS1 148.96 T 221.02
2位ゴールド選手  SP2 67.02 FS2 138.52 T 205.54
3位カレン・チェン選手 SP6 64.66 FS3 135.13 T 199.79
4位エドモンズ選手   SP3 66.04 FS4 126.58 T 192.62  →参考ページ

1位ワグナー選手:SPうーん。ロシアジュニアの動画を見てから見るとやはり大味感があります。たださすがにワグナー選手。ここ一番でとてもよい演技をしてきました。スコアをみると減点は最初の連続ジャンプの両足着氷ぐらいですか。しかしながら3Lz+3Tですので高得点は稼ぎました。FS さすがにここ一番までためていたエネルギーを出しきったというところですか。減点がなかったというのは驚きですが観客の声援もすごかったですね。まぁ点数は国内大会だけにそのまま鵜呑みにはできないのですがよく高得点だしましたね。
演技で気になるのは3+1+3の1のステップにあまり力を入れていないところとバタフライの時に足に力が入らないのか力をいれないまますっとやりすごしてしまったところですかね。ここはロシア選手ならガシッガシッと2段バタフライをするのでそのちがいはかなりあります。やはりどこか痛いところがあって力が入らないのかもしれません。しかしながら一流選手はそのできないところをごまかすのも仕事か。全米1位を勝ち取りました。
2位ゴールド選手:SP 最初入れ込みすぎからか3+3が3+2になってしまい両足着氷。それ以外は素晴らしくワグナー選手と遜色ありませんでした。FS 確かにすごく上手だったんですが演技に入れ込んで音楽をあまり聴いていないという感じがでていたのが残念。最後に2回目の1段のバタフライをいれているのも帳尻あわせのような感じがしてあわただしい感じがしてしまいました。
やはり音楽にあわして技を溶け込ませるのが本当のところなんでしょうが怪我の影響か演技で精一杯という感がありました。そのせいで余裕があまりなかったですね。点数は高得点ですが芸術的にはあまり完成度は高くないように思えます。とはいえ台乗りにはふさわしい演技でした。
3位カレン・チェン選手 うーん。まだ15歳ですからジュニアですべっていてもいい選手。まぁロシアでもメドヴェデワ選手が3位ですから同じといえばそうなんですが199点はちょっと唖然とします。アメリカの採点法がよくわかりません(笑)。確かに東洋系のくるくる回るしなやかさはさすがです。それなりのレベルではあります。ただ国際大会でもこんなに高い点で勝負できるのかちょっとわかりません。しかしながら演技前からにこやかにしていましたから全米で好成績をだして驚かしてやろうという気合が充実していたのは確かです。一応147cmとありますので超小型。いままであまりみたことがない選手ですがこれからのアメリカの常連選手となるのかどうか。
4位エドモンズ選手:ちょっと転倒癖がありましたのでショートでは転倒しないように慎重にすべりました。しかしフリーでまた転倒。そのぶん逆転されて4位になってしまいました。
しかしながらおそらくまだ基礎練習に力をいれている時期なのかもしれません。ジャンプなどは集中力でできるときはできるのですからまだフルパワーの演技ではないのかもしれません。おそらくアメリカ人の合理性からいってワグナー、ゴールドなどは鬼が少ない今年で好成績を狙っているのではとおもうのですがエドモンズ選手などはオリンピックを見据えた練習をしているわけです。ソトニコワ選手もオリンピックでようやく本気をだしたようにオリンピックシーズンになれば変身してくるのではと期待しています。
とはいえ現状でもエドモンズ選手の優雅さは群を抜いています。もしノーミスで演技ができるようになれば観客を魅了し高得点をあげるシーンが目に浮かぶのですがどうでしょうかね。

長洲選手はショートで4位でしたのでフリーの出来が期待されたのですが左足が壁を蹴ってしまい転倒。痛む左足を我慢しての演技で10位と沈んでしまいました。出来がよさそうだっただけに惜しい。
ジャン選手はアマチュアレベルとしてなら頑張ってますがトータル144点では並みの選手。上位者に比べるとスケーティングがあまりよくありません。一つ一つの技なら難しいこともできるのですがスピード感がまったくないのはなぜですかね?練習不足なのか体重に負けて蹴りが浅いのかよくわかりません。

posted by ザッツ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

ロシアジュニア選手権:メドヴェデワ選手優勝

1位メドヴェデワ  SP1 70.95 FS1 134.10 総合1 205.05
2位ソツコワ    SP2 65.93 FS3 120.37 総合2 186.30
3位サハノヴィッチ SP4 62.60 FS2 123.36 総合3 185.96
4位ツルスカヤ   SP3 64.07 FS4 118.76 総合4 182.83

ジャッジスコアがわからないので細かいことはなしで見た感覚で感想。
1位メドヴェデワ選手:SP グランプリファイナルから変身した好調さを維持。点数からみてノーミス。きれいなすべりでした。自信にあふれています。FS こちらも素晴らしい。課題は確実にこなせるという感じです。ただこの選手は小柄であまり体型変化が大きくないのが安定した演技になっていると思われますので恵まれているのかもしれません。しかしながらスーパー選手の仲間入りという感じがでてきました。
SP
FS

2位ソツコワ選手:とてもよくなってきている感じです。ただよくいえば上品かもしれませんがスケール感がやや物足りないかも。FSもよかったのですがおそらく最後は疲れてしまって時間オーバーですかね。音楽が終わってからくるくるレイバックスピンをしてもややむなしい感じがします。ただ技術力は素晴らしいので常に上位にはこれる選手という印象。
SP
FS

3位サハノヴィッチ選手:スケーティングはさらにみがきがかかってうまくなってきているのですがなんとなく以前よりさらに大人のムード。ジャンプのタイミングがずれてきているのか苦労しています。多少また成長したのかもしれません。結果的にはまたSPで出遅れ。しかしながらビールマンを真面目にこなしたので気合はなかなか入っているようです。
フリーでもジャンプで2つ詰まってしまいました。こうなると本調子ではないということですね。体型変化が終わってジャンプのタイミングがあってくるようになるのを待つしかありません。完全版ができるのを期待(笑)。
SP
FS

4位ツルスカヤ選手:評判がいい選手なのですがまだ未完成感があります。2001年7月生まれですからまだ13歳ですかね。まだまだスケーティングもこれからというところなのですが転倒したりつまったジャンプもありながらこの点数。転倒がなければ3位も可能だったわけですからやはりこれから台頭してきそうな選手のようです。体型的にメドヴェデワ選手に似ています。変身してくれば確かに次ぎの世代のホープになれそうですがロシアのシニアの層の厚さを考えるとシニアの天才フィギュアスケーターが何人か引退してくれないとトップはむずかしいか?

なんというかロシアの選手のできあがった選手というのは正確で緻密な演技をめざしているような気がします。ただサハノヴィッチ選手はややちがってレオノワ系で力で持っていくタイプか。北方系のややおおまかな白人タイプを思わせます。
世界選手権は上位3人がでるんでしょうが欧州選手権のようにロシア独占(トゥクタ、ラジオ、ポゴ)となるかどうか?

posted by ザッツ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

2015箱根駅伝:青山大優勝

いやぁ復路でも青山大の選手が大活躍。独走状態を築いて完全優勝でした。
ネットの通過マップを見ていても一人青山大だけがぬきんでていました。期待していた明治はやや人材が不足していたのか4位になったのは残念。そのかわり東洋が前年優勝の意地をみせて3位。今年の優勝候補だった駒沢が2位となりました。
しかし結果から見て復路は5区の衝撃が直撃した格好。本来は小差で青山駒沢東洋明治が団子状態で最後までもつれあうレースを予想していたようなのですが青山が衝撃をそのままプラスにしまくってぐんと前進。最後までその勢いは衰えませんでした。
逆に優勝の可能性がほとんどなくなった駒沢東洋明治は足元が重くなり3校の争いに終始。青山を追う気迫はなかったとはいいませんがあまりにも衝撃が強かったようでそのままずるずると独走を許してしまいました。
まぁ東洋も柏原時代は同じようなレースをしていましたが青山はなにしろ初優勝ですからまるでカタパルトで出撃したような勢い。各選手がいつもの倍の気合で走ったものですから圧勝もいいところでした。
本来は早稲田を入れて5強の争いだったようです。その中でも選手がそろっていた駒沢が優勝候補で間違いはなかったのですが5区であまりにも差がついたのは驚きでした。
チームの能力はおそらく上位4校は紙一重だったのかもしれません。力がほぼ拮抗していたにもかかわらずここまで青山が圧勝したのは5区の衝撃的な走りがその後に影響を与えたのはまちがいないところです。
記事を見て見ると青山の神野選手も自分が山道でこんなに良い記録がでるとはおもわなかったといって驚いたようです。本人でもわからなかった才能を引き出したのが青山の監督ですがお見事でしたね。
また必ずしも坂道が得意だったとはいえず我慢して走れるということで好記録がでたというようなことを述べた記事がありましたがまぁ謙遜もありますのでどこまで本当かわかりません。やはり監督の人材発掘の目が良かったというところかと思います。ただ神野選手は3年生ですからこれまでわからなかったんですね。
ただいくら坂道に得意な選手がいても他の9人の選手にブレーキがでれば勝てないのがチームプレー。上位4校はチームとしての能力がぬきんでていましたがさらにそれを上回る想定外の事態が起こってしまい勝負が決まってしまったというのが今大会の印象でした。
ラジオの解説者は5区は練習というよりも適性が必要だといっていましたが適性のある選手を見出すのもなかなか大変なようです。
posted by ザッツ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

2015箱根駅伝:青山学院往路優勝

今年はお仕事があって箱根駅伝をradikoで聞き始めたのがもう小田原中継所のところから。もう最後の区間じゃんとちょっと残念に思いましたがこれがまたすごいことになりました。
小田原中継所での通過順は1位駒沢2位青山3位明治4位東洋の順でした。駒沢と青山の差は46秒差。
一見するとついに駒沢が往路優勝する時がきたかとなんとなく思っていたのですがネットの通過マップを見ていると駒沢がだんだん青山に追い上げられてあれあれという感じになってきて少し驚きました。ラジオを聞いているとあの山の神柏原よりも速いというのですからまたびっくりしました。
うーん。わからないものですね。神野大地選手は3年生ですからこんなすごい山の神が今まで山道で採用されなかったとは選手の見極めもなかなか難しいもののようです。
青山の神野選手の快走に煽られて去年この区間で3位と頑張った駒沢の選手が抜かれてからだんだんとふらふらになりゴール前ではもうなんども手をつきながら倒れこむようにゴール。やはり抜かれたショックが尾をひいたような感じがします。これで青山と駒沢は7分25秒差になり放送では逆転はかなりむずかくなってきたようなことをいっていました。
往路結果は1位青山2位明治3位東洋4位駒沢となり青山が往路初優勝。
まぁ野次馬的には駒沢と東洋の争いかと思っていたのですが東洋が人材が卒業して往年の元気がなく駒沢はおもわぬブレーキダウン。かわって青山明治という新興勢力が台頭してきました。
それにしても青山の5区の走りはかっての今井、柏原なみの破壊力で後半にそれなりの選手をそろえられれば青山の優勝も可能性がおおきそうです。
駒沢はいつも優勝候補なのですが恵まれないですね。それにしても青山明治はいつも元気そうでしたが今年やっとチャンスがきたという感じです。
posted by ザッツ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014全日本フィギュア女子感想:宮原選手優勝

1位宮原選手195.60
2位本郷選手188.63
3位樋口選手181.82
4位永井選手168.55
5位村上選手168.29

野次馬の感想にすぎないですがビッグ2(浅田、鈴木)がぬけてちょっと寂しくなりました。
が、新しく台頭してきた選手が今回の上位3人。宮原選手は身長的な不利にもかかわらず驚きの高得点。不利をカバーするためか逆回転のスピンを加えたり相当工夫しているようです。
2位の本郷選手は技術力はあったものの急に日の当たる場面にでてきてまだいろいろ工夫をしている段階か。発展途上の印象。
3位樋口選手は今年初めて見る選手。まだジュニアですからこれからどうなるかまだ未知数。とはいえ全日本3位ですからその能力の高さを示した感じです。
4位永井選手は演技はできるもののまだこれからの選手。
5位村上選手は国際大会常連の選手なのですがどうにも成績が振るいません。回転不足の判定がきびしくなったせいか戸惑い気味です。

今大会ではオリンピックイヤーが終わった段階ですので全日本選手権大会の回転不足の判定が厳しくなったようです。まぁ国際的に通用する選手を養成しなければいけないわけですから当然といえば当然ですがそれにとまどったのが村上選手とは意外でした。一応前年までは3番手の選手でしたから関脇から大関になるとおもいきや逆に小結になるような感じになってしまいました。
やはりトップになるにはそれなりに光るものがないといけないのですが相変わらずジャンプの悪さが改良されないのはどうしてなんですかね。能力的に高いものを持っていただけに素人にはわからないむずかしいところがあるのかもしれません。荒川解説者によればなにか悪いくせがついているということですが。
上位5選手以外にも才能のありそうな選手はいそうなので来年当たり表舞台にでてくると期待します。
ただロシアジュニアのレベルが高いのはわかりますが日本の選手のスケーティングが技術中心でプログラムの肉付けがやや貧弱に感じられるのはなぜですかね。技術ができてから表現力などをつけていけばいいというのもわかりますが本郷選手はむろん永井選手や樋口選手はグランプリで上位にきていますのでなんとなくもったいないきがします。
参考ページ選手一覧&結果
posted by ザッツ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

2014ロシア選手権:ラジオノワ選手優勝

まずはフリーから(トータル、技術点、構成点)
1位ラジオノワ選手:143.32  72.92  70.4
こんなに余裕をもってゆったりすべられてはどうしようもありませんね。点数から見てほぼノーミス。実に軽々演技をしますから恐ろしい。他人が苦労して演技しているのにこの人は別世界。おそらくはあの細い身体に秘密があるんでしょうがどこにしっかりした筋肉があるのか不思議です。無駄肉がないのかもしれません(笑)。技術点1位構成点2位
2位トゥクタミシェワ選手:138.73  67.36  71.37
ラジオノワ選手の次ぎの演技でしたから緊張してしまったんですかね。ただ好調なだけに3T+3Tの最初のジャンプがすっぽ抜けて2Tになったのは惜しい。しかしその後しっかり3Tにつなげたのはさすがです。今シーズンの彼女のしたたかさが見えた感じです。おそらく世界選手権にでると思いますがやっぱりラジオとトゥクタの争いになりそうなきがします。技術点4位構成点1位
3位メドベデワ選手:137.24  68.96  68.28
素晴らしい。ジャッジスコアがわからないのでラジオノワ選手とどこで差がついたかわかりませんがやはり加点の問題なのでしょう。ただなぜ彼女の演技が優雅に見えるか気がつきました。音楽的才能があるかどうかはわかりませんが音に合わして演技をしているのが可愛らしく見えるのですね。もし音楽無しだったらメドベデワ選手らしさが半減するのは確かであまり想像したくない(笑)。技術点2位構成点4位
4位ポゴリラヤ選手:133.34  64.9  68.44
まぁボロボロ状態だったころよりかなり安定した演技をするようになりました。またお手つきがお上手。コストナー選手もよくお手つきをしましたが彼女よりうまいかも(笑)。将来的には体格的にきれのある演技はあまり得意ではなさそうなのでやはり構成点狙いでいくのかしら?技術点6位構成点3位。
5位サハノヴィッチ選手:132.63  67.92  64.71
素晴らしい。表彰台への緊張が抜けたのか適度なリラックス感があってなかなかよいできでした。1つ3回転フリップかな?で着地に詰まりましたがリラックス度が効いてなんなく危機を回避。緊張の度合いでこうもちがうのかと再認識しました。まぁ調子は悪くなさそうだったので11位から6位入賞ぐらいはあるのではと思っていましたが5位というのは予想した中では最高でした。まだまだ十分活躍の余地はありそうです。技術点3位構成点6位 参考動画→Serafima Sakhanovich Free Skate Russian Nationals 2014
6位ソツコオワ選手:124.4  65.09  59.31
技術点5位構成点9位 まぁ他の国でしたらトップレベルの選手なんですがロシアでは達人の1人にしかならないのですから大変な時に生まれたという感じです。ですがいつ変身するのかわからないもののどこか上位選手に比べるとやや影が薄く感じるのはなぜですかね。これといった得意技が見当たらないような気がしますがどうでしょうかね。ただまだジュニアですからどうなるかわかりません。

7位のレオノワ選手はやはりジャンプの着地で相変わらずミスが続出。ただかなりがっかりしているところを見るとまだやる気はあるようですが若手がすごすぎるので困りますね。
11位リプニツカヤ選手は最初はなんとか跳べたのですが転倒につぐ転倒。足を悪くしているのがはっきりしました。特に左足がつったような仕草をしましたからこれは治療に専念したほうがいいような気がします。

総合結果
1位ラジオノワ選手   217.45 S1 F1
2位トゥクタミシェワ選手212.35 S2 F2
3位メドベデワ選手   209.81 S3 F3
4位ポゴリラヤ選手   204.51 S4 F4
5位サハノヴィッチ選手 191.84 S11 F5
6位ソツコワ選手    186.06 S8 F6
7位レオノワ選手    184.33 S5 F7
9位リプニツカヤ選手  169.70 S6 F11
参考ページ→ロシア選手権2014

posted by ザッツ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

2014ロシア選手権女子SP:ラジオノワ選手1位


1位ラジオノワ選手74.13:グランプリファイナルより安定感があり文句無しのでき。ロシア国内なので落ち着いて演技ができたようです。彼女の演技を見ているとフィギュアが簡単そうに見えてしまいますがそんなことはないですよね。技術点2位構成点2位

2位トゥクタミシェワ選手73.62:グランプリファイナルで優勝したせいかその勢いそのままの演技。ただ今回はラジオノワ選手も好調で転倒しませんでしたから2位になりましたが差はわずかフリーではどうなりますか。このままノーミスでしたらかなりな高得点の争いになりそう。技術点3位構成点1位。

3位メドベデワ選手72.57:国内選手権なのでジャッジスコアがわかりませんが72点台とはすごい。まずノーミスの争いかと。できは素晴らしくジュニアグランプリファイナルに遜色ないできかと思います。技術点1位構成点は驚きの6位。ここでジュニアは蹴落とされるのですかね。実績がないと評価されないような感じがしないでもない。

4位ポゴリラヤ選手71.17:やっと落ち着いた演技が見れました。2番目のジャンプでふらついた位で全体的にはなかなかよい演技でした。技術点4位構成点4位。

5位レオノワ選手67.99:まぁショートでは表現力でなかなかよくまとめられますね。チャプリンの真似もなかなかこの人ならではの味がでているように思います。ただフリーはどうなりますかというのが問題。調子がよさそうなので期待です。技術点6位構成点3位。

6位リプニツカヤ選手66.90:ショートはまだ荒いですがかなりよくなっていて本人も納得の演技のようでした。しかしまだ戻り途中な感じなのでフリーではどうですか。前よりはぼろぼろにはならないような気がしますが上位が強力なだけに3位は無理かも・・・。技術点7位構成点5位

11位サハノヴィッチ選手59.21:あ〜あ。やっちゃいましたね。2連続ジャンプのセコンドで転倒。出来はいつものごとくよかったように見えましたが強いていえば力みが多少ありましたかね。悪い方にでてしまいました。転倒で気落ちしたのかアクセルジャンプでもふらついてしまいました。いまや世界大会レベル以上のロシア国内大会ですから11位になってしまいました。フリーではめげずに頑張ってほしいのですが。技術点11位構成点7位。参考動画→サハノヴィッチ選手
今回は技術点と構成点でばらつきがあるので一応まとめてみました。関心はサハノヴィッチ選手までなのであしからず(笑)。
技術点の順位
1Evgenia Medvedeva?
2Elena radio news?
3Elizabeth Tuktamysheva?
4Anna POGORILAYA?
5Natalia OGORELTSEVA?
6Alena Leonova?
7Julia Lipnitsky?
8Maria Sotskova?
9Maria Artemyev?
10Elizabeth Yushchenko?
11Seraphim SAHANOVICH?
構成点の順位
構成点
1Elizabeth Tuktamysheva?
2Elena radio news?
3Alena Leonova?
4Anna POGORILAYA?
5Julia Lipnitsky?
6Evgenia Medvedeva?
7Seraphim SAHANOVICH?

参考ページロシア ショート結果

posted by ザッツ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

2014 グランプリファイナル:トゥクタミシェワ選手優勝

まずショートから
1位トゥクタミシェワ選手(18):うーん。身体に力を入れて滑れるようになったんですね。素晴らしい滑り。しかしながらジャンプはややレベルをさげて3T+3T。これはきれいにきまったのですが3Lzがオーバーターン。やはり往年のジャンプ力にちょっとかげりが見えますがそれは年齢なりにし方がないことなのかもしれない。今回はそれを補ってあまりあるやる気が満々でした。若手のホープにまだ負けないわという負けん気がでたんでしょうかね。67.52は200点前後が狙えるポイント。迫力の技術点1位構成点2位でした。
2位リプニツカヤ選手(16):3+3でルッツを跳びましたから前回より調子を整えた感はあります。が、単独のフリップでロングエッジをとられていますからまだ完全に調子をだしてはいないのでしょうね。これだけの選手でも滑り込んで練習しないと満足な演技ができないとはけっこう難儀なスポーツかと。まぁファイナルなのでそれなりの滑りはしていますが彼女のレベルでは試技の範疇かも。技術点2位構成点1位。
3位ラジオノワ選手(15):さすがにトゥクタミシェワ選手の高得点にちょっと緊張してしまったのか珍しく転倒。全体的に固かったですかね。ショート1位2位の選手はそれなりに名も実力もある選手。いくら実力があるとはいえ先輩としてはあまりに大物。まずはシニアの壁を意識したのかもしれません。技術点3位構成点3位。
4位ポゴリラヤ選手(16):ジャンプを2つ失敗してしまってはまずいですね。ただ逆に言えばノーミスですべれればかなりの高得点が見込めますからこれだけ失敗しても61.34もとれたのはさすが。つまりロシア勢4人はだれかがノーミスですべれば200点前後になりますのでもう卓球の中国と同じ状態。ロシア勢以外が上位に食い込むのが大変な時代になったようです。だれか一人日本に帰化してほしい〜(笑)。

参考ページ選手一覧&結果

次にフリー
1位トゥクタミシェワ選手:すごい。最終滑走なので絶対に勝つという意気込みが見えました。この人にジャンプ力が戻れば手に負えないところがあります。ただオリンピック直後にこれだけ頑張るというのはやや不思議です。まぁ横綱レベルが抜けたのでその穴を埋めることができる選手でもあります。ここぞとばかりアピールしているのかもしれません。技術点1位構成点1位。
2位ラジオノワ選手:ショートで転倒したせいかいつもより慎重でどちらかというと守りの演技か。本人としては攻めの演技のつもりかもしれませんが。技術点は同得点で1位。技術点は基礎点では上回っていたものの加点で追いつかれました。トゥクタミシェワ選手の気迫におされた感じです。まぁ相手も同じような高レベルの選手でしかも先輩ですから今回は相撲でいう兄弟子負けというところか。
構成点3位はやはりまだ年齢的なものがあるように思います。
3位ワグナー選手:いつもよりワンランク上の集中力と気合がうかがわれました。得点発表時はとても喜んでいましたが久しぶりの大喜びの笑顔でした。ジャンプの失敗もセカンドの回転不足1つだけに押さえ本人にとって会心の演技だったようです。やはりどこか今年にかけているところがあるように見えるので世界選手権でどんな演技をしてくるか期待です。技術点3位構成点2位。
4位ポゴリラヤ選手:うーん。頑張っているのはわかるのですが基本すべりに鋭さがない。どこか体調がわるかったんですかね。まぁファイナルですから上位にいくためにはほぼノーミスでいかなければいけないのでストレスもたまると思いますが多少残念な演技。でもトータルで180.29もポイントをとって悔し涙をされてもねぇ。ロシア女子選手の競争の激しさがうかがわれるところです。技術点4位構成点4位。
5位本郷選手:やや大舞台で気圧されましたかね。まわりは名も実力もある格上選手ですからやりにくかったのかもしれません。まずは経験というところですか。技術点5位構成点6位。
6位リプニツカヤ選手:キムヨナ選手だとこれだけ不調だと出場してこないような気がしますが・・・競争の激しいロシアではやはり存在をアピールし続けないといけないのかもしれません。ただ大会にあわせてまるで練習でもしているかのようです。まぁ彼女の場合は必殺技がありますので様になっていますが大会を練習の場にしてしまった感はやや唖然とします。それでもファイナルまできてしまうのですから才能とは恐ろしい(笑)。フリーのほうもだんだん仕上げてきていますのでどこが目標ですかね。まぁ今年は故障をしないことが一番の目標かも。技術点6位構成点4位

トータル1位トゥクタミシェワ選手203.58 2位ラジオノワ選手198.74 3位ワグナー選手189.50 4位ポゴリラヤ選手180.29 5位リプニツカヤ選手177.79 6位本郷選手176.13

今シーズンのトゥクタミシェワ選手のやる気には驚きです。どこかに活路を見出したんでしょうが身体が小さめなので故障の影響をかなりおさえることができるようになったのかもしれません。
ラジオノワ選手は1位独占かと思っていましがなぜかショートで転倒。さすがにシニアのビッグ大会で緊張したのかもしれません。
ワグナー選手は今シーズンの出来がいいので痛みとの相談の上でしょうが活躍が期待されます。

posted by ザッツ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

2014Jr.グランプリファイナル:メドベデワ選手優勝

まずはショート
1位メドベデワ選手(15):素晴らしい。メドベデワ選手は優雅に魅せるのですがついに本調子になったようです。今までは足元が弱かったようで慎重なすべりでしたが今回は一応ノーミス。照準をここに合わしてきたのがわかるようなすべりです。ライバルでもありおそらく仲がよい友人であるサハノヴィッチ選手と実力は伯仲。技術点は1位になったものの構成点は2位。ただ同じレベルの演技ですとやや実績から構成点でサハノヴィッチ選手のほうが有利な気もしますのでどうなりますか。タイプとしては晩成な感じがしますのでサハノヴィッチ選手もうかうかできません。
2位サハノヴィッチ選手(14):こちらも素晴らしいのですが前に滑ったメドベデワ選手があまりに良すぎた影響か多少ぎこちないところがあってなめらかさがちょっと足りなかった印象。3Lzは着地が深すぎてつんのめった感じになり加点がつかなかった。手をつかなかっただけよかったというところか。また2Aもなぜか加点が少なく0.07しかもらえなかった。やはりぎこちないところをみすかされたんですかね。技術点2位。構成点1位。
ただフリーでは課題が多いのでサハノヴィッチ選手の力強さの良さがでるのはこちらのほうか。実力伯仲だけにはらはらするような勝負になりそうで期待大。
3位永井選手(16):確かに良く演技できていますがまだ生硬な感じが否めません。まぁ同じ日本人なのでわかってしまうというところがあるので辛くなってしまいますがロシアがプロレベルの演技とすればまだアマチュアという感じか。まだこれからというところ。技術点3位構成点3位。
4位ソツコワ選手(14):確か前シーズンはソツコワ選手が優勝しているのですかあの当時の印象より多少動きがよくない気がします。あのあと大会を休んでいますからどこか痛めたのかもしれません。まぁ今シーズンは前シーズン2位と3位の選手のレベルが高くなっているのでそのせいもあるのですが迫力があまりないような気がします。

参考ページ→選手一覧&結果

次にフリー
1位メドベデワ選手:素晴らしい。滑りが素晴らしく完全に一皮むけた状態。以前は転倒で損をしていましたが今回は身体の動きが抜群で最高の演技。シニアに入ればラジオノワ選手のライバルにもなれそう。一流選手の仲間入りができることを証明した感じです。技術点1位構成点1位。
ロシアカップ4の動画→ロシアカップ4女子FS2位

2位サハノヴィッチ選手:ロシアカップ第4戦女子で1位になったときの滑りが非常によかったので今回はあまりよくないかもと思っていましたがやはり身体がややぶれ気味で多少疲労感が漂っていました。メドベデワ選手の出来があまりによくて精神的にストレスになったのか前大会がピークだったために集中力がやや切れてしまったのかわかりませんがあまり調子はよくなかったようですね。技術点が驚きの3位。構成点2位。
ロシアカップ4の動画→ロシアカップ4女子FS1位

3位樋口選手(13):なかなかすごいです。見た感じでは技術中心の演技でまだ構成点がでる演技ではないようですがジャンプに余裕があるので将来性が楽しみな選手です。ただ成長するとジャンプも重くなってくるだろうしどうなりますか。将来に期待というところです。技術点2位。構成点3位。
4位ソツコワ選手:上位3人がほとんどノーミスですべっていますので4位にこそなりましたがロシアの3人娘は健在のようです。ただ去年優勝したときとはまるで別人。ここまでかわるとは意外でした。動画を見たのはそれ以来です。かなり仕上げてきたのはわかりますがやはりどこか力が入りきらないところがあってあまり調子がよくなさそうです。3Loの回転不足と棒立ちはその流れで失敗していますのでまだ完全には復調していない感じです。しかしながら万全に調子を整えることができればメドベデワ選手にも追いつく可能性は十分あることを示しているわけでこの世代でもロシアの層の厚さにはあきれるばかりです。技術点4位。構成点4位。

総合1位メドベデワ選手190.89 2位サハノヴィッチ選手186.01 3位樋口選手178.09 4位ソツコワ選手175.99

まぁ1位と2位はもうシニアに参戦しても好成績が期待できるほどレベルが高く完成度が抜きんでています。実力も甲乙つけがたくそのときの調子次第かと思います。ただここまでくるとあとは身体の痛み具合との勝負もはいってきますので女子は男子より筋肉が弱いところもありなかなか常に上位を維持するのは大変そうです。思いのほか身体の能力の限界まで酷使する競技のような気がします。

posted by ザッツ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

2014グラプリファイナル:ゴールド選手辞退

グランプリファイナルのエントリー選手をながめていたらなんとゴールド選手が辞退しておりました。驚いて検索してみるとどうも疲労骨折らしい。
もともとジャンプで失敗がぼそぼそとあったので足元があまりよくない感じがありましたが疲労骨折とは・・・。断っておきますがポキンと折れるのではなく骨の一部が複雑に細かに破損するというイメージかと思います。おそらくですが・・・。
ただ疲労骨折というのはあまり良くない感じです。病気でいうと慢性的な感じが強く治りにくい病気のような気がします。筋肉がたまたま弱っていただけだというなら筋肉を鍛えれば多少よくなるかもしれませんが。
衝撃がもろにくる脚に負担がかかる競技ですのであまり減量すると栄養が足りなかったりして筋肉が弱体化して全体的に足が弱くなりそうですしかといって体重が重いとそれだけ脚に負担がかかるしやっかいですね。
適度な栄養をとりながらかつ太らずに筋肉を鍛えていかないといけないのですからなかなか難しい競技です。
オリンピックになればさすがに高得点を選手は連発してきますがそのあとまた元に戻るのはこういった脚や腰への負担がかなり大きいからなんでしょうね。
脚や腰への負担は選手個人々々によってちがいますのでどんな病気になるのか人によってちがいますがゴールド選手の疲労骨折はおそらくスケートアメリカで3位ながらもあまりよくなかったためにNHK杯までにけっこう練習したのではという気がします。優勝はしたもののフリーでのジャンプの出来はあまりよくありませんでした。きっと足の疲労を我慢して跳んでいたのだと思われます。
うーん。運動選手でもタフな人と弱めな人がいるのでどうなるかわかりませんが疲労骨折は長引くようなので今シーズン休んでもしかたがないのではという気がしないでもないのですがどうでしょうかね。
posted by ザッツ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

2014NHK杯:ゴールド選手優勝

ソトニコワ選手がでてこないので驚きましたが負傷しているようです。足首を痛めたということのようですがやはりオリンピック組のモチベーションの低さが影響しているような気もします。
でもってショート
1位ゴールド選手(19):美しくノーミスでまとめました。格上の選手がいないせいでしょうか落ち着いて力みがなく今まで見た中で最高の演技をしたと思います。最終滑走なので計算できたのでしょうか。これぐらい滑ればフリーではそう負けそうなメンバーがいないだけにいい成績が残せそうです。
前回は地元でぼろぼろでしたが今回は海外で最高の演技。ショートだけですがここまで持ち直すとは感心しました。
2位レオノワ選手(24):ショートはいいですね。よく練習した成果だと思いますがノーミス。自分でもうれしかったようです。問題はフリー。体力がもつかどうか。
3位村上選手(20):さすが地元というべきかかなり力の入った演技。ただ国際大会でのジャンプの回転基準に足りないのかジャンプではまだ減点をとられます。上位3人の構成点はほぼ同じなので回転不足の減点で3位というところですか。それさえなければというところですが。
4位宮原選手(16):今回はちょっとおとなしめの演技。やや緊張していたんですかね。さすがに身体が大きい選手の迫力には負けますがそれなりに演技をすれば表彰台までいけそうなのはたいしたものです。
5位李子君(18):最初の3F+3Tを派手に転倒してしまいましたが落ち着いて立て直しました。一応まわっていましたので本人はいけると感じの表情でした。回復が遅いですが少しずつよくなっているようです。
11位エドモンズ選手(16):ちょっと笑ってしまうぐらいのジャンプの失敗。最初の3+3で転倒。なんというか外人特有の足腰の弱さを久しぶりに見たような気がします。失敗を意識したのかフリップも抜けて1回転になり0点評価。ここまで失敗をするとさすがにショックかもしれません。ただ滑りはさすがで練習は十分にしているように見えます。ただひょっとするとフリーの練習さえしておけばショートはあとについてくるだろうとあまり練習していないのかもしれません。前回も同様の失敗をしていますから一流選手としてはちょっと甘かったか。将来的にはコストナー選手並みの能力はありそうな感じがするのでフリーでどこまで巻き返しますかね。

参考ページ→選手一覧&結果

次にフリー
1位ゴールド選手:うーん。細かくいうと3+3ではなく3+2。3Fが2F。3Sで転倒。おそらく2A+3Tが2A+2Tに。ちょっとまだジャンプが苦しそうです。それでもトータルで191点までもっていっています。技が決まると加点がいいですね。構成点で1位。スケーティングが上手できれいです。技術点は小回りがきく日本勢に負けて3位ですがここは貫禄勝ちか。ただロシア勢のトップと勝負するにはジャンプでとれだけとれるかですからハンディがありそうです。
2位宮原選手:なかなか頑張っています。3+3が3+2になり3Loがつまったぐらいであとはよくできていました。回転不足も少なくなってきています。この調子で演技ができれば国際大会で上位にランクされるかと思います。技術点2位。構成点4位。
3位レオノワ選手:転倒などはありませんがジャンプの不調はいたしかたないというところか。印象としては身体が固くなっているような感じがします。とはいえトータルで186点台というのは彼女にしてはかなりよい点数。ショートでのできのよさが光ります。練習はそれなりにしっかりしているのがうかがわれます。技術点6位。構成点2位。
4位加藤選手(16):初めて見る選手。日本人選手特有の小回りのきいた演技。技術点1位。構成点7位。この前の大会で優勝した本郷選手とダブってみえました。ジャンプの減点はルッツのロングエッジのみ。全体の演技としては出された課題をすべてこなしたという印象。これから構成点がとれる演技をどう組み込めるかですかね。しかし小型の日本人選手の小回り力はなかなか脅威です。
5位エドモンズ選手:ショートでの失敗が尾をひいた感じです。気落ちした感じは否めません。きっと優しい性格なのかもしれません。勝負事ですのでもうちょいずるい性格のほうが有利な気がします。とはいえ才能は素晴らしく演技は美しい。合理的な西洋人らしく力を入れてもしょうがないとなれば力がでないのは当然か。技術点4位。構成点8位。
7位村上選手:気合はあったのですがちょっと力んでしまった感じです。しかも2Loを3つやらかしてしまい1項目0査定を食らいました。高得点の3+2+2が0ですから痛かったですね。ノーミスですと高得点が見込める選手なのですが足元に不安があるのかなかなかうまくゆかないようです。技術点8位。構成点3位。
8位李子君:だんだんと復調してきている感じですがまだ病みあがり感があって万全ではないようです。まだ身体をならしている段階ですかね。

総合 1位ゴールド選手191.16 2位レオノワ選手186.40 3位宮原選手179.02 4位村上選手173.09

ソトニコワ選手が欠場でちょっと寂しくなりましたが中堅選手が頑張った大会でした。
posted by ザッツ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

2014エリック・ボンパール杯:ラジオノワ選手優勝

まずはショート
1位ラジオノワ選手(15):すごい。前回よりパワーアップしている感じです。足元も不安を感じさせません。減量をしているのかしていないのかわかりませんが胴のくびれが印象深い。技術点1位構成点3位。
2位リプニツカヤ選手(16):うーん。見た目太目ではないような気がしますが演技からやや重い感じを受けます。おそらくまだ全開というわけではないのでしょうね。けれど前回のフリーはだめだめでしたが今回は期待できるかもしれません。技術点2位構成点2位。
3位ワグナー選手(23):見た目調子よさそうです。減量がうまくいっているのかもしれません。ジャンプの回転不足はやはり能力的なものもあるのか一番大事な全米までは無理をしないのかもしれません。とにかくやる雰囲気満々なので好成績が期待されます。技術点6位構成点1位

参考ページ→選手一覧&結果

次にフリー
1位ラジオノワ選手:文句無しのトップ。ノーミスですからすごい。今年がオリンピックならこちらが個人金メダルをとってもおかしくないくらいの出来。これだけの選手ですとあとは故障とどう付き合うかの問題ですかね。どうしても堅い氷の上に飛び降りる競技ですから長くやっていますと男子のプルシェンコに見るように関節や骨に影響がでる競技。それとの付き合い方で名選手でいられるかどうか決まるような気がします。キム・ヨナ選手はその点競技の空白期間を置いたりとそれなりに過度な負担をかけすぎないように工夫していたような感じがします。ラジオノワ選手はまだ若いので故障知らずな面もあるような気がしますのでどうなりますか。技術点1位。構成点1位。
2位リプニツカヤ選手:ウエストは引き締まって見えているので太めではないと思うのですがそれ以外でふっくらとしてきていますので全体的には太めに見えます。3Fで転倒していますが天才と言われているリプニツカヤ選手にしてはあんなに斜めに跳ぶとは驚きました。ああいう風に斜めに跳んだのは昨シーズンのメイテ選手なのですがあの人は168cmもあって身体もごつい。練習が足りないと斜めになってしまうこともあるかなと思うのですがそれをリプニツカヤ選手がやるとはやはり身体が重くなってきているのかもしれません。
あと柔軟性ではアメリカのキャロライン・ジャン選手が有名ですがパールスピンをしなくなってから成績が伸びていません。それと同じようにリプニツカヤ選手が柔軟性を競技で生かすことが難しくなったときけっこうがっくりくるのではと心配します。ただまだそんな年齢ではありませんが。
まぁただ今シーズンはオリンピック後だしモチベーションも去年よりは低くて当然。出遅れ感はしかたのないところか。ジャンプがまだ不調のようですが練習をこなしていけばまだのびしろは十分ありそうです。ただオリンピック後の1年目ですから成績よりも成長期にある身体作りが優先かもしれません。技術点3位。構成点3位。
3位ヒックス選手(19):名前は知っていますがあまり知らない選手。まだ演技が荒いのですがパワーがあるのか時々きれいなジャンプをします。しかし技術はあるのですがまだ技術にとらわれて演技のきれいさはまだまだですかね。実績を積んで構成点がとれるようになればこわい選手になるかもです。技術点2位。構成点5位。
4位ワグナー選手:ヒックス選手に負けたのに驚きましたが転倒したんですね。リンクからあがったとき右手で左下腹部を押さえていましたので古傷が痛んだのかもしれません。ジャンプの出来があまりよくなかったようですが演技自体はさすが大人の演技。迫力でラジオノワ選手にまけましたが構成点2位。ただ技術点は5位。
5位メイテ選手(18):大型選手なだけにジャンプが決まるとけっこう素敵です。ただスピード感があまりないような気がします。またスピンがごつごつした感じであまり洗練されていないような気がします。コーチの実力がどうだかわかりませんがもっと美しく見えるように指導してくれないかなぁと思いますがどうですかね。技術点3位。構成点8位。

でもって総合は1位ラジオノワ選手 2位リプニツカヤ選手 3位ワグナー選手

いよいよラジオノワ選手の独走の始まりを予感させるようなできでした。リプニツカヤ選手は今シーズンは寝たふりでもいいのかも(笑)。ワグナー選手は大人の滑りを魅せてくれますが古傷をどれだけ我慢できるかですかね。

posted by ザッツ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク