2007年11月19日

GPシリーズ第4戦フリー フランス杯



最大のライバルのマイズナーがジャンプでこけこけでしたのでまぁ普段どおりに飛べれば優勝のケースでした。しかし練習ではぴたりと決めたトリプルアクセルが本番では転倒とは・・・一つ一つのプレーを失敗なくつなげていくのはかなりのストレスなんでしょうね。それ以外はコンビネーションで3回転トリプルフリップ、トリプルループを決め他選手に比べたら抜群のできで優勝、文句なしでした。
ただマイズナーはこけましたがアメリカの層の厚さが垣間見えました。総合で3位、フリーで2位だったワグナー(米国)がパーソナルベストで頑張ったのが目を惹きました。あと天才ジャン(14歳)がいるだけにアメリカの層の厚さは要注意ですね。1位浅田、2位マイズナーは予定通りという大会でした。
ファイナルでは他国の追い上げも厳しくなると思うのでけがが多いのでちょっと心配な安藤美姫選手に頑張って日本勢を盛り上げてもらいたいものです。
フリップとルッツの見分け方ですが助走の長いのがルッツなので一応わかるのですが横からみるとエッジの傾きが見えないのでフリップとルッツの区別が時々わからないことがありますね。ルッツはアウトエッジなので傾きが大きく、フリップはインエッジなので傾きが少ないのですがなかなか前後から見るチャンスがなかった。


★美しく舞うためのフィギュアスケートlesson 
posted by ザッツ at 11:48| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカには、未来ちゃん14歳もいるし、
マイズナーも16歳ですよね?
ホント、アメリカの層が厚くなってきていますね。

ミキティにも頑張ってほしい!
ファイナルでは、真央ちゃん・ミキティの
ワンツーフィニッシュを希望!!(*^▽^*)/
Posted by きららママ☆ at 2007年11月19日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67536642

この記事へのトラックバック

笑顔!真央ちゃん☆エリック・ボンパール杯(フランス杯)優勝3
Excerpt: 笑顔を取り戻した真央ちゃん☆
Weblog: ダイエットスイマーのひとり言☆
Tracked: 2007-11-19 21:26
スポンサードリンク