2015年03月30日

2015世界選手権フィギュア女子:トゥクタミシェワ選手優勝

うーん。今回はオリンピック後だけあって荒れ模様。予想があまりはまりません。
まずはフリー。
1位トゥクタミシェワ選手:3回転からの連続ジャンプでオーバーターンするなどさすがに固くなったのかエラーがありましたが調子自体はよいのかまたは審判に認められたのか良い加点をもらって1位となりました。これがオリンピックシーズンになればもっときつい争いが展開されるかと思いますがとにかく実績をつくれたのはさすが。132.74
2位ゴールド選手:もうこれだけいい演技ができるならSPでもいい演技ができたでしょうにと思いますがSPはひょっとすると時差ボケ状態だったのかと思うぐらいです。FSでは目が覚めたような実が入った演技でした。それでもオリンピックシーズンの緊張感よりはだいぶ醒めた演技かと思います。
ひょっとするとエドモンズ選手の成績があまりよくないので3枠確保にある程度本気をだしたのかもしれません。128.23
3位ワグナー選手:彼女もなぜかFSでお目覚め。しっかりと滑ってきました。うーん。SPでは緊張しすぎたのかしら。経験豊富なワグナー選手が固くなってSPを失敗したというのはちょっと信じられないですが時差ボケ+緊張があったのかもしれません。本来の実力をだして127.20
4位宮原選手:3Aを跳んだ方以外のシニア勢がやはりオリンピック後の世界選手権だけに調子の乱高下が激しい。そのなかで黙々とできる精一杯の演技をしてきた宮原選手は好印象。同じ東洋開催の有利さもあってか好成績をあげました。126.58
5位本郷選手:うーん。滑りはアマチュア感がまだ漂っているのですがそれでもなんとかジャンプをこなすところがいいところか。加点がまだ少ないですが構成点がよくなっているきがします。大型選手の演技はコストナー選手もそうですがよくわからないのですが大型を利して構成点のほうがとりやすいのかもしれません。122.41
6位ラジオノワ選手:SPの前日に38度の熱があったとのこと。ジャンプの構成も乱れ後半は3Loが2Loになるなど彼女にしてはかなりよくありませんでした。まぁ病み上がりでもここまで頑張ったとほめるべきか。究極のところで力が入らなかったようです。今回は参考外。121.96
7位エドモンズ選手:見た目はよかったのですが4つのジャンプに注文が入っていました。加点もそれほどよくなくまだまだ未完成の演技。まぁ今年は基礎の基礎をつくる時期なのでそう無理はしていないのかもしれません。116.12
8位村上選手:あまり調子がよくなさそうでした。一つ一つの演技はできるのですが流れの中でトータルによい演技にするとなると身体が重い感じです。3Sが1Sになったりと調子がいまいちでした。ただ構成点はよくでているようです。114.18
11位李子君選手:前回いい演技をしたと思ったんですがまだまだのようです。転倒したりして体力がまだもたないようです。
13位ポゴリラヤ選手:1週間前まで怪我でジャンプの練習ができなかったとのこと。2つも転倒で絶不調。今回は参考外ですか。
参考ページ→選手一覧&結果
総合
1位トゥクタミシェワ選手210.36
2位宮原選手193.60
3位ラジオノワ選手191.47
4位ゴールド選手188.96
5位ワグナー選手185.01
6位本郷選手184.58
7位村上選手179.66
8位エドモンズ選手177.83
9位李子君選手165.22

世界選手権という大きな大会なのですが究極の仕上げでよい演技をしてきたのは1位と2位と6位の選手ぐらいかと。アメリカ勢はボケが入っていましたしロシアの1位以外の選手も熱があったり足を怪我したりと散々。
期待の若手も期待はずれに終わってしまいました。やはりオリンピックの後の年ですから本気度がいまいちなのかなぁと思ってしまいます。
posted by ザッツ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。