2015年03月08日

世界ジュニアフィギュア選手権女子:メドヴェデワ選手優勝

フリーの結果
1位メドヴェデワ選手:感じとしてはやや重い演技か。ロシアの選手はいろいろ大会があるのでジュニアとはいえここまでくるとさすがに疲れがでても不思議ではないですね。とはいえ演技の重さを慎重な演技に置き換え構成点を稼ぎました。見事な優勝。技術点2位構成点1位
3位サハノヴィッチ選手:こちらもメド選手と同じくやや控えめな演技。サハノヴィッチ選手にしては珍しく守りの演技かなという気がしました。ただそのぶん身体の固さは目立たずミスを最小限に抑えた感じです。樋口選手に技術点で負けたのはやはり意外ですがプログラム的にそうなっているのでしょう。また構成点で勝負していたのかもしれません。技術点はメド選手と同点2位構成点2位。
2位樋口選手:すごいですね。あのスピードで最後まで走り抜けてしまったとは、しかもノーミス。最高の舞台で最高の演技ができたというのは幸せ者ですね。
まぁ演技が多少単純であるような気もしますがそれを上回るスピード感で観客を魅了しました。したがって技術点はトップでしたが構成点は3位。それでも今出来る最高の演技をしたわけですから素晴らしい。
5位ソツコワ選手:ウーン。よくわかりませんがあまり力が入っていないような感じがしました。ソツコワ選手と知らないで見ればよくできた演技ですがソツコワ選手としてみれば物足りない。どこか思い切って練習できなかったわけがあったのかもしれません。技術点が5番目で構成点が7番目ぐらいですか。なんとなく練習不足な感じがします。演技自体はできるので技術点はでるのですが張りがないので表現が足りなかったということなのでしょう。若いので次ぎをめざすというところか。

総合1位メドヴェデワ選手192.97 2位サハノヴィッチ選手186.19 3位樋口選手185.57 4位トゥルシンバエワ選手(カザフスタン)173.44 5位ソツコワ選手169.04

やや調子のピークが過ぎた感があるロシア勢ですがそれでもこれまでの貯金で1位2位を占めました。日本勢では樋口選手のスピード溢れる演技が予想外。ここで最高の演技とは驚きでした。
トゥルシンバエワ選手はまったく知らない選手。オーサコーチですので才能があるんでしょうがまだ少女少女した乙女。同い年でがんがん演技をしているロシア勢に比べるとまだひ弱な感じですが出身がロシア。やっぱりロシアかという感じです(笑)。

参考ページ→選手一覧&結果

posted by ザッツ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク