2015年03月06日

世界ジュニアフィギュア選手権SP:メドヴェデワ選手1位

1位メドヴェデワ選手(15):うーん。すごいですね。世界選手権の大舞台ですのでやや緊張がありましたが演じきりました。ルッツでややつまずきましたがミスはそれだけ。演技の中にジャンプを溶かし込んでまさに演舞状態。安藤選手も上手でしたがもっと年齢が上がってからの完成。15歳でここまでできるとは驚きです。いいかえると今ロシア女子に要求されている技術水準がとても高いのですがそれをこなしてしまう精密機械のような細やかさがロシアンフィギュアの完成形か。68.48の高得点。
2位サハノヴィッチ選手(14):演技後やってしまったというような残念顔。最初の3+3が危うく転倒しそうなところまでいってしまったのが惜しかった。しかしながらビールマンをいままでで一番真面目に上手にやったのが印象的(笑)。必死さが伝わってきました。バタフライもメドヴェデワ選手が1段だったのに対し3段と頑張りました。年齢がメド選手と1年ちがいますのでこの若さでの1年のちがいは技の完成度にかなり影響する感じがします。とはいえ小気味よいスケーティングはさらに磨きがかかって素晴らしい。精密なロシア系の演技とやや趣がちがう力の演技。フリーではどうなりますか楽しみです。63.09
3位樋口選手(14):まだあまりよく知らない選手ですがすごいですね。ジュニアでここまでスピーディに演技ができる人はさすがに数少ないのでは。ただまだ未完成感がただよっている感じを受けるので演技にどう味をつけるかというところか。61.27
4位坂本選手(14):最初の3F+3Tがハッとするほど素晴らしかったのですがルッツ単独がロングエッジでした。
実物と動画ではちがうのかもしれませんがそれでもロシア勢のスケーティングに比べるとまだまだの感がいなめません。もうちょいぎりぎりのところのスケーティングがほしいところか。58.72
10位ソツコワ選手(14):3+3で転倒。ちょっと調子落ちですかね。集中力があまりなくかえって焦燥感のある演技。調子が落ちているときはどうしようもないわけですが演技がやや雑になってしまったのは残念。ロシア2強と張り合いすぎたのかしら?53.95
参考ページ→選手一覧&結果

posted by ザッツ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク