2015年02月10日

ロシアジュニア選手権:メドヴェデワ選手優勝

1位メドヴェデワ  SP1 70.95 FS1 134.10 総合1 205.05
2位ソツコワ    SP2 65.93 FS3 120.37 総合2 186.30
3位サハノヴィッチ SP4 62.60 FS2 123.36 総合3 185.96
4位ツルスカヤ   SP3 64.07 FS4 118.76 総合4 182.83

ジャッジスコアがわからないので細かいことはなしで見た感覚で感想。
1位メドヴェデワ選手:SP グランプリファイナルから変身した好調さを維持。点数からみてノーミス。きれいなすべりでした。自信にあふれています。FS こちらも素晴らしい。課題は確実にこなせるという感じです。ただこの選手は小柄であまり体型変化が大きくないのが安定した演技になっていると思われますので恵まれているのかもしれません。しかしながらスーパー選手の仲間入りという感じがでてきました。
SP
FS

2位ソツコワ選手:とてもよくなってきている感じです。ただよくいえば上品かもしれませんがスケール感がやや物足りないかも。FSもよかったのですがおそらく最後は疲れてしまって時間オーバーですかね。音楽が終わってからくるくるレイバックスピンをしてもややむなしい感じがします。ただ技術力は素晴らしいので常に上位にはこれる選手という印象。
SP
FS

3位サハノヴィッチ選手:スケーティングはさらにみがきがかかってうまくなってきているのですがなんとなく以前よりさらに大人のムード。ジャンプのタイミングがずれてきているのか苦労しています。多少また成長したのかもしれません。結果的にはまたSPで出遅れ。しかしながらビールマンを真面目にこなしたので気合はなかなか入っているようです。
フリーでもジャンプで2つ詰まってしまいました。こうなると本調子ではないということですね。体型変化が終わってジャンプのタイミングがあってくるようになるのを待つしかありません。完全版ができるのを期待(笑)。
SP
FS

4位ツルスカヤ選手:評判がいい選手なのですがまだ未完成感があります。2001年7月生まれですからまだ13歳ですかね。まだまだスケーティングもこれからというところなのですが転倒したりつまったジャンプもありながらこの点数。転倒がなければ3位も可能だったわけですからやはりこれから台頭してきそうな選手のようです。体型的にメドヴェデワ選手に似ています。変身してくれば確かに次ぎの世代のホープになれそうですがロシアのシニアの層の厚さを考えるとシニアの天才フィギュアスケーターが何人か引退してくれないとトップはむずかしいか?

なんというかロシアの選手のできあがった選手というのは正確で緻密な演技をめざしているような気がします。ただサハノヴィッチ選手はややちがってレオノワ系で力で持っていくタイプか。北方系のややおおまかな白人タイプを思わせます。
世界選手権は上位3人がでるんでしょうが欧州選手権のようにロシア独占(トゥクタ、ラジオ、ポゴ)となるかどうか?

posted by ザッツ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。