2015年01月03日

2015箱根駅伝:青山大優勝

いやぁ復路でも青山大の選手が大活躍。独走状態を築いて完全優勝でした。
ネットの通過マップを見ていても一人青山大だけがぬきんでていました。期待していた明治はやや人材が不足していたのか4位になったのは残念。そのかわり東洋が前年優勝の意地をみせて3位。今年の優勝候補だった駒沢が2位となりました。
しかし結果から見て復路は5区の衝撃が直撃した格好。本来は小差で青山駒沢東洋明治が団子状態で最後までもつれあうレースを予想していたようなのですが青山が衝撃をそのままプラスにしまくってぐんと前進。最後までその勢いは衰えませんでした。
逆に優勝の可能性がほとんどなくなった駒沢東洋明治は足元が重くなり3校の争いに終始。青山を追う気迫はなかったとはいいませんがあまりにも衝撃が強かったようでそのままずるずると独走を許してしまいました。
まぁ東洋も柏原時代は同じようなレースをしていましたが青山はなにしろ初優勝ですからまるでカタパルトで出撃したような勢い。各選手がいつもの倍の気合で走ったものですから圧勝もいいところでした。
本来は早稲田を入れて5強の争いだったようです。その中でも選手がそろっていた駒沢が優勝候補で間違いはなかったのですが5区であまりにも差がついたのは驚きでした。
チームの能力はおそらく上位4校は紙一重だったのかもしれません。力がほぼ拮抗していたにもかかわらずここまで青山が圧勝したのは5区の衝撃的な走りがその後に影響を与えたのはまちがいないところです。
記事を見て見ると青山の神野選手も自分が山道でこんなに良い記録がでるとはおもわなかったといって驚いたようです。本人でもわからなかった才能を引き出したのが青山の監督ですがお見事でしたね。
また必ずしも坂道が得意だったとはいえず我慢して走れるということで好記録がでたというようなことを述べた記事がありましたがまぁ謙遜もありますのでどこまで本当かわかりません。やはり監督の人材発掘の目が良かったというところかと思います。ただ神野選手は3年生ですからこれまでわからなかったんですね。
ただいくら坂道に得意な選手がいても他の9人の選手にブレーキがでれば勝てないのがチームプレー。上位4校はチームとしての能力がぬきんでていましたがさらにそれを上回る想定外の事態が起こってしまい勝負が決まってしまったというのが今大会の印象でした。
ラジオの解説者は5区は練習というよりも適性が必要だといっていましたが適性のある選手を見出すのもなかなか大変なようです。
posted by ザッツ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク