2014年12月04日

2014NHK杯:ゴールド選手優勝

ソトニコワ選手がでてこないので驚きましたが負傷しているようです。足首を痛めたということのようですがやはりオリンピック組のモチベーションの低さが影響しているような気もします。
でもってショート
1位ゴールド選手(19):美しくノーミスでまとめました。格上の選手がいないせいでしょうか落ち着いて力みがなく今まで見た中で最高の演技をしたと思います。最終滑走なので計算できたのでしょうか。これぐらい滑ればフリーではそう負けそうなメンバーがいないだけにいい成績が残せそうです。
前回は地元でぼろぼろでしたが今回は海外で最高の演技。ショートだけですがここまで持ち直すとは感心しました。
2位レオノワ選手(24):ショートはいいですね。よく練習した成果だと思いますがノーミス。自分でもうれしかったようです。問題はフリー。体力がもつかどうか。
3位村上選手(20):さすが地元というべきかかなり力の入った演技。ただ国際大会でのジャンプの回転基準に足りないのかジャンプではまだ減点をとられます。上位3人の構成点はほぼ同じなので回転不足の減点で3位というところですか。それさえなければというところですが。
4位宮原選手(16):今回はちょっとおとなしめの演技。やや緊張していたんですかね。さすがに身体が大きい選手の迫力には負けますがそれなりに演技をすれば表彰台までいけそうなのはたいしたものです。
5位李子君(18):最初の3F+3Tを派手に転倒してしまいましたが落ち着いて立て直しました。一応まわっていましたので本人はいけると感じの表情でした。回復が遅いですが少しずつよくなっているようです。
11位エドモンズ選手(16):ちょっと笑ってしまうぐらいのジャンプの失敗。最初の3+3で転倒。なんというか外人特有の足腰の弱さを久しぶりに見たような気がします。失敗を意識したのかフリップも抜けて1回転になり0点評価。ここまで失敗をするとさすがにショックかもしれません。ただ滑りはさすがで練習は十分にしているように見えます。ただひょっとするとフリーの練習さえしておけばショートはあとについてくるだろうとあまり練習していないのかもしれません。前回も同様の失敗をしていますから一流選手としてはちょっと甘かったか。将来的にはコストナー選手並みの能力はありそうな感じがするのでフリーでどこまで巻き返しますかね。

参考ページ→選手一覧&結果

次にフリー
1位ゴールド選手:うーん。細かくいうと3+3ではなく3+2。3Fが2F。3Sで転倒。おそらく2A+3Tが2A+2Tに。ちょっとまだジャンプが苦しそうです。それでもトータルで191点までもっていっています。技が決まると加点がいいですね。構成点で1位。スケーティングが上手できれいです。技術点は小回りがきく日本勢に負けて3位ですがここは貫禄勝ちか。ただロシア勢のトップと勝負するにはジャンプでとれだけとれるかですからハンディがありそうです。
2位宮原選手:なかなか頑張っています。3+3が3+2になり3Loがつまったぐらいであとはよくできていました。回転不足も少なくなってきています。この調子で演技ができれば国際大会で上位にランクされるかと思います。技術点2位。構成点4位。
3位レオノワ選手:転倒などはありませんがジャンプの不調はいたしかたないというところか。印象としては身体が固くなっているような感じがします。とはいえトータルで186点台というのは彼女にしてはかなりよい点数。ショートでのできのよさが光ります。練習はそれなりにしっかりしているのがうかがわれます。技術点6位。構成点2位。
4位加藤選手(16):初めて見る選手。日本人選手特有の小回りのきいた演技。技術点1位。構成点7位。この前の大会で優勝した本郷選手とダブってみえました。ジャンプの減点はルッツのロングエッジのみ。全体の演技としては出された課題をすべてこなしたという印象。これから構成点がとれる演技をどう組み込めるかですかね。しかし小型の日本人選手の小回り力はなかなか脅威です。
5位エドモンズ選手:ショートでの失敗が尾をひいた感じです。気落ちした感じは否めません。きっと優しい性格なのかもしれません。勝負事ですのでもうちょいずるい性格のほうが有利な気がします。とはいえ才能は素晴らしく演技は美しい。合理的な西洋人らしく力を入れてもしょうがないとなれば力がでないのは当然か。技術点4位。構成点8位。
7位村上選手:気合はあったのですがちょっと力んでしまった感じです。しかも2Loを3つやらかしてしまい1項目0査定を食らいました。高得点の3+2+2が0ですから痛かったですね。ノーミスですと高得点が見込める選手なのですが足元に不安があるのかなかなかうまくゆかないようです。技術点8位。構成点3位。
8位李子君:だんだんと復調してきている感じですがまだ病みあがり感があって万全ではないようです。まだ身体をならしている段階ですかね。

総合 1位ゴールド選手191.16 2位レオノワ選手186.40 3位宮原選手179.02 4位村上選手173.09

ソトニコワ選手が欠場でちょっと寂しくなりましたが中堅選手が頑張った大会でした。
posted by ザッツ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク