2014年11月24日

2014エリック・ボンパール杯:ラジオノワ選手優勝

まずはショート
1位ラジオノワ選手(15):すごい。前回よりパワーアップしている感じです。足元も不安を感じさせません。減量をしているのかしていないのかわかりませんが胴のくびれが印象深い。技術点1位構成点3位。
2位リプニツカヤ選手(16):うーん。見た目太目ではないような気がしますが演技からやや重い感じを受けます。おそらくまだ全開というわけではないのでしょうね。けれど前回のフリーはだめだめでしたが今回は期待できるかもしれません。技術点2位構成点2位。
3位ワグナー選手(23):見た目調子よさそうです。減量がうまくいっているのかもしれません。ジャンプの回転不足はやはり能力的なものもあるのか一番大事な全米までは無理をしないのかもしれません。とにかくやる雰囲気満々なので好成績が期待されます。技術点6位構成点1位

参考ページ→選手一覧&結果

次にフリー
1位ラジオノワ選手:文句無しのトップ。ノーミスですからすごい。今年がオリンピックならこちらが個人金メダルをとってもおかしくないくらいの出来。これだけの選手ですとあとは故障とどう付き合うかの問題ですかね。どうしても堅い氷の上に飛び降りる競技ですから長くやっていますと男子のプルシェンコに見るように関節や骨に影響がでる競技。それとの付き合い方で名選手でいられるかどうか決まるような気がします。キム・ヨナ選手はその点競技の空白期間を置いたりとそれなりに過度な負担をかけすぎないように工夫していたような感じがします。ラジオノワ選手はまだ若いので故障知らずな面もあるような気がしますのでどうなりますか。技術点1位。構成点1位。
2位リプニツカヤ選手:ウエストは引き締まって見えているので太めではないと思うのですがそれ以外でふっくらとしてきていますので全体的には太めに見えます。3Fで転倒していますが天才と言われているリプニツカヤ選手にしてはあんなに斜めに跳ぶとは驚きました。ああいう風に斜めに跳んだのは昨シーズンのメイテ選手なのですがあの人は168cmもあって身体もごつい。練習が足りないと斜めになってしまうこともあるかなと思うのですがそれをリプニツカヤ選手がやるとはやはり身体が重くなってきているのかもしれません。
あと柔軟性ではアメリカのキャロライン・ジャン選手が有名ですがパールスピンをしなくなってから成績が伸びていません。それと同じようにリプニツカヤ選手が柔軟性を競技で生かすことが難しくなったときけっこうがっくりくるのではと心配します。ただまだそんな年齢ではありませんが。
まぁただ今シーズンはオリンピック後だしモチベーションも去年よりは低くて当然。出遅れ感はしかたのないところか。ジャンプがまだ不調のようですが練習をこなしていけばまだのびしろは十分ありそうです。ただオリンピック後の1年目ですから成績よりも成長期にある身体作りが優先かもしれません。技術点3位。構成点3位。
3位ヒックス選手(19):名前は知っていますがあまり知らない選手。まだ演技が荒いのですがパワーがあるのか時々きれいなジャンプをします。しかし技術はあるのですがまだ技術にとらわれて演技のきれいさはまだまだですかね。実績を積んで構成点がとれるようになればこわい選手になるかもです。技術点2位。構成点5位。
4位ワグナー選手:ヒックス選手に負けたのに驚きましたが転倒したんですね。リンクからあがったとき右手で左下腹部を押さえていましたので古傷が痛んだのかもしれません。ジャンプの出来があまりよくなかったようですが演技自体はさすが大人の演技。迫力でラジオノワ選手にまけましたが構成点2位。ただ技術点は5位。
5位メイテ選手(18):大型選手なだけにジャンプが決まるとけっこう素敵です。ただスピード感があまりないような気がします。またスピンがごつごつした感じであまり洗練されていないような気がします。コーチの実力がどうだかわかりませんがもっと美しく見えるように指導してくれないかなぁと思いますがどうですかね。技術点3位。構成点8位。

でもって総合は1位ラジオノワ選手 2位リプニツカヤ選手 3位ワグナー選手

いよいよラジオノワ選手の独走の始まりを予感させるようなできでした。リプニツカヤ選手は今シーズンは寝たふりでもいいのかも(笑)。ワグナー選手は大人の滑りを魅せてくれますが古傷をどれだけ我慢できるかですかね。

posted by ザッツ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク