2010年05月26日

世界卓球2010 女子団体4連勝

まぁ予選リーグは勝って当然とはいえなかなか苦労していますね。第3戦の台湾戦は負けたかと思っていました。
録画するのを忘れたので仕方なく配達の帰り道途中でワンセグ観戦。TVをつけると福原選手が前日同様気合の入ったプレーで台湾の黄選手を多少苦労しながら撃破していたので大丈夫と思っていたところなんとこれで2-2のタイ。第一ゲームで福原選手が台湾の鄭選手に2-3で負けている上に石川選手も負けているので平野選手しか勝ってなかったんだと初めて気づいた。やばいです。5ゲームめは福原選手が負けた鄭選手と対するのが平野選手。テレビでは2セットめをジュースで落とし1−1からの放映。平野選手はジュースを落としたせいかぼろぼろ。鄭選手のいいところばかりでセットは1-2で敗色濃厚となったところで放映時間終了。あの調子では駄目だろうなと帰宅したのですがなんと平野選手逆転勝ちしていた。ちょっと信じられなかったですが最終セットはジュースで14-12の辛勝。3-2で勝っている。粘り勝ちですか。まぁ負けても不思議ではなかった台湾戦に勝利したのは大きいでしょうね。
本日の4戦目のルーマニア戦。強敵はドデアン選手。平野選手が対戦しました。さすがに身体が大きくまともにやればパワーがちがうので困るかなと思ったのですが今日の平野選手はきれがあって技術力の勝利か。
第2ゲームの福原選手対サマラ選手。第1セットは16-14で粘られたのですがどこか福原選手に自信がある様子。あまりあぶないとはおもわなかったですね。案の定サマラ選手気合が抜けたかのようにあっさりあとのセットを落として3-0の勝利。
第3ゲームは石川選手対スッチ選手。第1セットこそ12-10で粘ってきたものの17歳と15歳の天才少女同士の対戦。17歳の石川選手のほうが格上でした。安心して見られました。あっさりと3-0。
これでスロバキアに勝てば全勝で決勝トーナメント。今大会の女子は平野選手と福原選手にすごみがありとりこぼしはあってもお互いに補い合うというチームワークがうまくかみ合っている感じ。私が見た中では最高の出来かと思うので結果がよくでるといいのですね。



【メール便のみの対応】
卓球業界の最新情報満載!こだわりの卓球情報誌
卓球王国

posted by ザッツ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151195605

この記事へのトラックバック

世界卓球2010
Excerpt: 世界卓球2010モスクワ 大会公式使用球!Butterfly(バタフライ) スリースターボール40(1ダース)商品価格:2,217円レビュー平均:0.0 世界卓球2010について質問です 世界卓球2..
Weblog: 芸能ニュース最新情報通信♪
Tracked: 2010-05-27 00:13
スポンサードリンク